(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制


▲現場ではひとつひとつ手積み作業

 東日本大震災が発生して、まもなく2ヶ月となります。現地では未だに行方不明者の捜索が続き、避難所での不自由な生活を余儀なくされている方々も少なくありません。一日も早い仮設住宅の設置や個人のプライバシーが守れる避難先の確保が急務です。
 また、福島第一原発の放射能による汚染も深刻な事態となり、計画的避難地域の方々を含め9市町村の方々が慣れ親しんだ地を離れ、不安な生活を送らざるを得ない状況にあります。
 震災の復興だけでも、この国の知恵と力を最大限注ぐ必要があるなか、原発事故では圧力容器内の状態が把握できないという最悪な事態から、外側から冷却しこれ以上の核分裂の暴走を圧さえる作業が続けられています。コントロールが不可能になった巨大な怪物に、現地では命がけの必死な作業が続けられていますが、長期化は避けられません。
 こうした状況のなか、支援の体制も徐々にではありますが進められてきています。国や東京都などからの行政派遣依頼も、罹災した住宅の審査や避難所での保健相談、排出されたごみの収集運搬作業など4月までに延べ20人の職員を派遣してきました。
 また、自治労東京都本部のボランティア派遣や連合からの派遣要請では、7人の組合員が福島県や宮城県の避難所運営の協力や瓦礫の撤去に対応しています。
 組合では引き続き、行政派遣や連合や自治労からの派遣要請について積極的に対応していくことを確認するとともに、派遣先の職員の安全の確保や環境について確認していきます。また、派遣元の職場の状況など把握し点検していくこととしています。組合員の皆さんのご協力をお願いします。

▲泥水を含んで重くなった畳の積み込み
▲仙台市今泉清掃工場



仙台市職労へ組合員の善意を届ける
〜青木委員長が激励訪問〜

▲左:八王子市職 青木委員長
 右:仙台市職労 佐々木委員長

 4月28日、復興に全力を注いでいる宮城県仙台市職員労働組合を青木執行委員長が見舞いに駆けつけました。八王子市職は仙台市職労と安全衛生活動などを通じて交流があり、今回行政派遣で環境部の職員が仙台市に派遣されている関係から、職員の激励を兼ねて行なわれました。現地では八王子市職からの義援金を、仙台市職労佐々木委員長に手渡し「一緒に復興に向けて頑張りましょう」と激励しました。


(「はちおうじ」501号/2011年5月9日)
▲top (上のメニューに戻ります)