(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始

 3月11日に発生した地震から2ヶ月が過ぎ、各自治体や自治労(東京都本部)の被災地への各種支援の取り組みが本格化してきました。
 自治労都本部は震災支援対策として、4月10日〜6月5日を8グループに分け復興支援活動を実施しています。


国や東京都の要請を受け八王子市は職員を被災地へ行政派遣
▲なかなか減らない瓦礫の山
 これまで八王子市は国や東京都からの要請を受け(1)3月31日〜4月2日まで、まちなみ整備部の職員3名が被災宅地危険度判定調査活動で仙台市に行政支援として派遣したのを始め、(2)3月23日には保健所の保健師さんが医療・保健班として味の素スタジアムの避難所へ派遣。(3)4月17日〜30日まで環境部の職員12名が、作業車両とともに第1・2陣に分かれて瓦礫撤去や排出されたごみの収集運搬作業で仙台市に派遣されました。


自治労も各単組に復興支援ボランティア活動を要請、
第1陣が4月10日に出発
▲第2次連合災害ボランティア活動
 自治労は被災者の支援・救援を行っている自治体職員・組合員の業務を支援することを中心課題とした対応をするよう各単組に要請があり実施されています。
 復興支援ボランティアは一般ボランティアと医療班ボランティアに分かれ、派遣期間を4月10日から6月5日までを8ブロックに分け、被災地である福島県新地町、相馬市を中心に各避難所の運営作業一般、食事の配膳・配食作業、夜間の警備、被災地住民の保健相談、心のケア、保健センターでの救急対応、避難所巡回などを行っています。

復興支援ボランティアの経過
(1)第1グループ 4月10日(日)〜17日(日)18名参加。
(2)第2グループ 4月16日(土)〜24日(日)21名参加。

 第2次連合災害ボランティア派遣(岩手県大槌町)4月16日(土)〜24日(日)5名参加。
 八王子市職から2名参加。おもに家の泥出し、水を吸った家財道具、家電製品の搬出処分等を行ってきました。


(3)第3グループ 4月23日(土)〜5月1日(日)19名参加。
(4)第4グループ 4月30日(土)〜5月8日(日)26名参加。
(5)第5グループ 5月7日(土)〜5月15日(日)36名参加。
(6)第6グループ 5月14日(土)〜5月22日(日)32名参加。
(7)第7グループ 5月21日(土)〜5月29日(日)33名参加。

八王子市職から2名参加。
団長に市職・岩田書記次長(都本部執行委員)が就任。

(8)第8グループ 5月28日(土)〜6月4日(日)33名参加。

▲町の集積場は満杯、一時保管場所に移送運搬。

引き続き支援活動を継続
 今回で第1陣のボランティア派遣は最終となり、引き続き規模を縮小して6月4日〜7月10日までの第9グループから第13グループは6人体制での派遣となります。また、派遣先は福島市内での行政支援活動が中心となります。
【都本部震災支援ニュースを参照】






3月11日から何も解決していない
─福島第一原発1号機から4号機の状況─


平和フォーラム・原水禁 藤岡副事務局長(八王子市職特別執行委員)

(福島第一原子力発電所)

 福島第1原発事故は、放射能漏出が毎時1万テラベクレル(テラ=1兆の1万倍)に達し、国際的な事故評価基準で最悪の「レベル7」の状態になりました。そして5月23日東京電力は、1号機〜3号機すべての圧力容器(原子炉)の燃料が溶融し、底にたまりだすメルトダウン状態になっていることを認めました。水素爆発で1、3号機は原子炉建屋を、2号機の圧力抑制室が破壊されました。また4号機も含めて2700本以上の使用済み燃料が入っている「使用済み核燃料プール」の冷却機能が失われ、4号機も水素爆発を起こしました。
 現在、約750t/日の注水を続けて核燃料を冷やそうとしていますが、冷却水がそのまま高濃度汚染水となり既に10万tが施設内にあふれています。
 核燃料のエネルギーが収まる原子炉の「冷温停止」状態に向け行程表が示されていますが、事態がそのとおり収束する見込みは全くありません。

《意図的な情報抑制》
 実は、こうした事態は、3月11日の地震発生直後の原子炉設備の破損、電源喪失にともなう原子炉冷却機能停止の段階から始まっていました。しかし政府(内閣官房、原子力安全保安院)や東京電力は、事故の影響を少しでも小さく見せようと「…事故は起きたが人体への影響は小さい」といった説明を繰り返し、原子力発電を安全としてきた「科学者」たちもこれに同調してきました。
 現在の悲劇は、3月11日直後から発生し、状況は何ら変わっていない、変わっていないどころか、燃料を冷却した後の放射能汚染水がさらに増え、大気と海にばらまかれている問題です。意図的な情報抑制は、不安を拡大するだけです。政府は、すべての情報と予測しうる被害を明らかにし、冷温停止に向けすべての英知を結集すべきです。

《命を守るための脱原発社会》
 放射能はどんなに微量であっても人体には有害です。放射線量が増えれば増えるほど、がんの発生率は高くなります。人の命は、百人に一人なら守が1万人に一人なら仕方がないといった問題ではありません。次世代のために、一刻も早く脱原発社会を構築していかなければなりません。

 


 

「災害特別カンパ」受付終了について

東日本大震災に伴う義援金募金の受付を5月20日(金)に終了しました。
ご協力、誠にありがとうございました。

【災害特別カンパ総額】 1,607,828円

皆さんからお寄せいただいた義援金の拠出先および配分については、自治労中央執行委員会で決定いたします。



(「はちおうじ」501号/2011年6月1日)
▲top (上のメニューに戻ります)