(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 第13回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ710人が参加 (2014年9月)
● 第13回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2014年6月)
【2013年】
● 第12回八王子まつり 資源循環・分別収集ボランティアに延べ506人が参加 (2013年10月)
● 第12回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2013年6月)
● 1年間の予定で震災復興に従事している派遣職員の川村 貞二 さん(水循環部付)を訪問! (2013年1月)
【2012年】
● 第11回地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加 (2012年9月)
● 第11回八王子まつり 資源還流・分別収集ボランティア募集 (2012年6月)
● 第11回八王子まつり・分別収集ボランティア 開催日が内定! (2012年3月)
● 新春特集 東日本大震災復興支援と今後 (2012年1月)
【2011年】
● 東日本大震災復興支援 仙台市職へ訪問 (2011年10月)
● 東日本大震災復興支援活動 事業本部も被災地支援に協力 (2011年8月)
● 八王子まつり「資源循環・分別収集ボランティア」中止のお知らせ (2011年7月)
● 東日本大震災 復興支援 4月から自治労の本格的な支援活動を開始 (2011年6月)
● 東日本大震災 復興支援 行政も自治労も最大限の協力体制 (2011年5月)
● 東日本大震災、救援活動本格化 行政組織としての最大限の支援を取り組もう (2011年4月)
● 東日本大震災 “今、何ができるか” (2011年3月)
【2010年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ582名が参加 (2010年10月)
● 地球にやさしい八王子まつり 第10回 資源循環・分別収集ボランティア実施 (2010年6月)
● 松代雪下ろしボランティア開催 大雪を乗り越え交流 (2010年3月)
【2009年】
● 地球にやさしい 八王子まつり 新たなコミュニティづくりを (2009年9月)
● 八王子まつりボランティア 分別ステーションを軸に八王子まつりと環境保護の融合を (2009年9月)
● 八王子まつり実行委員会開催 地球にやさしい八王子まつり (2009年4月)
【2008年】
● 地球にやさしい 八王子まつり (2008年9月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティア 参加者大募集! (2008年7月)
● 八王子まつり 分別収集ボランティアに参加しよう (2008年5月)
【2007年】
● 八王子まつり 分別・収集ボランティア338名参加 (2007年8月)
● 八王子まつり  分別・清掃ボランティアに参加しよう (2007年6月)
【2006年】
● 雪下ろしボランティアを実施します (2006年12月)
● 組合員・家族、民間労組、学生、一般市民のべ387人参加 (2006年8月)
● きれいで安心・八王子まつり 今年で5回目、分別収集ボランティアへ参加 (2006年7月)
● 豪雪の新潟、十日町、小千谷で雪下ろしボランティア実施 (2006年2月)
【2005年】
● 八王子まつり「ゴミ」分別収集ボランティア(8月5日〜7日)のべ263人が参加 (2005年9月)
● 第9期 連合東京ボランティア・サポートチーム募集 (2005年4月)
● 青年部主催 豪雪の松代町雪下ろしボランティア (2005年4月)
● ボランティア活動、その基本的な考えについて (2005年2月)
● 1月17日 阪神・淡路大震災から10年 (2005年1月)
● 中越地震の行政ボランティア活動について、
    十日町市長からお礼のメッセージが届きました (2005年1月)
● 第2回/新潟県・中越地震 (2005年1月)
【2004年】
● 第1回/新潟県・中越地震 (2004年12月)
● 新潟県・中越地震災害救援ボランティア (2004年11月)
● 八王子まつり 清掃・分別収集ボランティアのべ283人の参加で10トン以上収集 (2004年8月)
● 第8期連合東京ボランティアサポートチームに参加して (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)まつり期間中の
    ゴミ・資源の分別指導ボランティアを実施します (2004年7月)
● 八王子まつり(8月6日〜8日)ボランティア募集 (2004年6月)
【2003年】
● 八王子まつりボランティア (2003年8月)
● 雪下ろしボランティア雪国で汗をかき交流 (2003年2月)
【2002年】
● ボランティアと職務の関係の整理一基本的な考え方を確認−ただちに職場点検を (2002年10月)
● 八王子まつりボランティアのベ200人以上の組合員・地域協力者が
   参加ご協力ありがとうございました (2002年7月)
● 八王子まつりボランティア (2002年5月)
● 地域交流・ボランティア (2002年5月)
【2001年】
● 第41回八王子祭りボランティア募集 (2001年7月)
● 自律と協働のボランティアは地域社会の要、労働組合の地域活動にも不可欠 (2001年5月)

地球にやさしい 八王子まつり 分別収集ボランティアに延べ917名の方々が参加


 8月3日(金)〜8月5日(日)の3日間、八王子まつり分別収集ボランティアに述べ917人が参加、実施しました。
 昨年は東日本大震災の停電の影響や交通機関、警察など関係機関の体制の予定がたたず、市民や参加者の安全を第一に考え、八王子まつりが中止となりました。
 2年ぶりとなる祭りも天候に恵まれ、昨年を上回る、これまで最多となる70万人の来場者がありました。
 お祭り期間中は職員、市民へのボランティアの評価、認知度は毎年上がっており、来場者や参加者の分別意識は確実に向上しています。

八王子まつり期間中、汚れたプラスチックは「燃えるごみ」として回収
▲出発前本部で説明を受けるボランティア
 私たちは八王子まつり資源循環・分別収集ボランティアをつうじて、地球環境保護、CO2削減の推進を訴え、「単なるごみ収集ではない」という呼びかけを始め11年を迎えました。
 今年は、容器包装リサイクル法に基づいて、プラッスチックを資源として回収してきましたが、お祭りで出る容器は、その場で洗浄できないなどの理由で、八王子まつり期間中に限り、汚れたプラッスチックは「燃えるごみ」として回収しました。その結果、お客様には多少の戸惑いもありましたが、説明文を表示するとともに、分別指導をするなどの対応を行い、混乱もなく回収ができました。

 

今年も学童の子どもや多くの学生が元気に参加!
 ボランティア活動をつうじ、子ども達や学生、親子など幅広い参加の中、社会参加・地域コミュニティづくりの場、親子のふれあいの場となり、参加者には好評でした。
 今年も昨年に続き、寺町・台町・千人町・八木町の学童保育所の子ども達も元気に参加しました。また、小・中・高校生をはじめ、八王子クラッセ・アッレ・バーレ(相談学級)、大学生、専門学校生、組合員の家族の皆さんなど3日間で900名を越える参加がありました。
 ボランティア終了後、子ども達にはボランティア参加証明書を発行、奉仕授業の証明や記念のカンバッチを差し上げました。
▲ボランティア参加証明書をもらう子ども達

 

分別収集ステーション16箇所を設置、インフォメーション機能として活躍
▲子安宿ステーション


▲本部・第1小学校正門横
 分別収集ステーションは八王子まつりのインフォメーション機能、迷子やいじめなど子どもを守る機能、老人や体の不自由な方の見守り機能も果たす、有人ステーションとしての付加価値もあります
 今年は夜店の設置場所の関係により、甲州街道、西放射線を中心に昨年より2箇所多い、16箇所(本部・第一小学校を含む)の分別収集ステーションを設置しました。また、今年もステーションのシンボルでもある「資源還流門」と多摩の産材を使用した手作りベンチを5台設置、ボランティアや市民の方の休息場として利用されました。
 本部入り口となる第1小学校正門横には八王子市職員組合事業本部と入った大きな提灯(贈呈)2個を設置、夜には電気を点灯し目印となるなど、緊急避難所としても有用されました。

 

早い時期からボランティア参加の呼びかけ
 今年は早い時期からボランティア参加の呼びかけを行い、市内の都立高校(富士森高校・南多摩高校・拓真高校・桑志高校)、一般企業、関連労組などへ幅広く行いました。また、八王子まつり実行委員会のホームページにも参加申込書をダウンロード出来るようにして、一般市民にも呼びかけました。
▲早朝、歩道をブラシで清掃する市職員

 

拡がる交流の輪
▲いっぱいになったごみ袋を交換する参加者
 今回、八王子まつりも11回を迎え、組合員、環境部、水環境部、管理職の皆さん、子ども達や学生、企業、関連労組など、昨年を延べ340名も多い方が参加し無事終了することが出来ました。
 来年、環境美化部会は3年目を迎えます。さらに分別収集ボランティアの輪を拡げ、地球環境保護、CO2削減など市民参加の地域コミュニティー活動として取り組み、協働できれいな、心に残る八王子まつりになるよう取り組みますので、更なる皆さんのご協力をお願いいたします。




(「はぴねす」142号/2012年9月26日)
▲top (上のメニューに戻ります)