7 1 4


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 「書き損じハガキや余ったハガキ」を受け付けています (2014年2月)
【2013年】
● 八王子市のごみ収集車が海外で活躍 (2013年7月)
【2012年】
● 2012カンボジアスタディツアーに参加して (2012年9月)
【2010年】
● 2010ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して (2010年8月)
【2009年】
● ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して! (2009年9月)
【2008年】
● 都本部ラオス読書推進活動支援ツアー (2008年9月)
● 連合東京訪中団に藤岡委員長が参加 (2008年7月)
● 国際交流の目指すもの (2008年4月)
【2007年】
● 市民協働で、ガスパールカサド・国際チェロコンクールの継続を (2007年7月)
【2006年】
● ラオスビエンチャンに図書館を (2006年11月)
● フェアトレード 国際交流フェスティバルで即売コーナー (2006年8月)
● ラオス読書推進活動支援ツアー 青木書記長が参加 (2006年7月)
● フェアトレード協働の輪を広げよう (2006年3月)

国際交流の目指すもの

▲カンボジア子どもの家
 この取り組みは、途上国への、資金援助やハコモノ援助だけでなく「一般組合員の直接参加」による、子どもたちへの継続的な協力活動をめざしています。
「すべての子どもに教育を」をメインテーマとして、95年からインドシナ三国(ベトナム、ラオス、カンボジア)で具体的に展開しています。八王子市職も自治労東京都本部を通じて、現地交流を続けています。
 事業の特徴は、3つあり、(1)組合員の直接参加、(2)継続的な協力活動、(3)日本のNGOと各国政府機関・地方機関との連携協力です。


*戦乱が経済基盤を奪い、環境を破壊し、教育を崩壊させた
 さて支援国が、どうしてベトナム、ラオス、カンボジアの三国になったかというと、日本から近いアジアの地域であるとともに、特に内戦を含む戦争の被害が大きかったからです。ベトナム戦争やラオスの内戦はもちろんですが、とくに最貧国カンボジアでは、1970年以降の内戦、ポルポト政権下の恐怖政治で百万人以上が死亡しました。
 虐殺は大量の教員や高等教育を受けた知識階層を根絶やしにするもので、その結果カンボジアの教育制度は実態的にも崩壊しました。
 今、カンボジアの復興には経済とともに教育が最重要課題となっています。
▲カンボジアの子ども達に教育の場を


*自治労からエファジャパンへ
 自治労は1994年から10年間で、「アジアこどもの家」建設事業を進め、より幅広い事業展開を進めるため、2004年NPO法人「エファ・ジャパン(理事長=イーデス・ハンソン)」を設立しました。「エファ」とは、Empowerment for Allの頭文字で「すべての人々に力を」という意味です。
 人は生まれながらにして力を秘めています。しかし、食料がない、教育が受けられない、保健や医療サービスが受けられないことで、力が奪われ、命さえ失っているのが途上国の現実です。
(担当執行委員・大宮正行)

 

 ★ベトナム★
 急激な経済成長に伴い貧富の格差が拡大し、特に貧困層の子ども達にそのしわ寄せがきています。エファは、犯罪・貧困・虐待などで親の保護を受けられない子ども達を一時保護し、教育や職業訓練などの機会を与える「ベトナム子どもの家」などの支援などを行っています。
●「ベトナム子どもの家」支援事業
●「ホンバン愛の家」支援事業
●北部少数民族児童に対する教育・保健事業


 ★ラオス★
 一部の都市住民のみを教育対象としていた植民地時代からラオスでは出版物が少なく、中でも児童書は著しく不足しています。自治労とエファは図書館を建設し、運営支援するほか、ラオス国内の子ども文化センターで、存続が危ぶまれる伝統文化を継承する取り組みを支援しています。
●「ヴィエンチャン市立図書館・多目的ホール」運営支援事業
●「ルアンパバン子ども文化センター」支援事業


 ★カンボジア★
 内戦が繰り返されたこの国は、特にポルポト政権下での大量虐殺により教師や教育機関の不足が深刻です。就学前教育の充実による就学率向上や幼稚園教員養成のための施設「カンボジア子どもの家」の支援、スラムの子ども達の通園支援などを行っています。
●「カンボジア子どもの家」支援事業
●幼児教育事業、他



(「はぴねす」116号/2008.4.15)
▲top (上のメニューに戻ります)