7 7 1


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 「書き損じハガキや余ったハガキ」を受け付けています (2014年2月)
【2013年】
● 八王子市のごみ収集車が海外で活躍 (2013年7月)
【2012年】
● 2012カンボジアスタディツアーに参加して (2012年9月)
【2010年】
● 2010ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して (2010年8月)
【2009年】
● ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して! (2009年9月)
【2008年】
● 都本部ラオス読書推進活動支援ツアー (2008年9月)
● 連合東京訪中団に藤岡委員長が参加 (2008年7月)
● 国際交流の目指すもの (2008年4月)
【2007年】
● 市民協働で、ガスパールカサド・国際チェロコンクールの継続を (2007年7月)
【2006年】
● ラオスビエンチャンに図書館を (2006年11月)
● フェアトレード 国際交流フェスティバルで即売コーナー (2006年8月)
● ラオス読書推進活動支援ツアー 青木書記長が参加 (2006年7月)
● フェアトレード協働の輪を広げよう (2006年3月)

都本部ラオス読書推進活動支援ツアー

 

 これまでの研修では紙に絵を書いたペープサートを使った図書紹介でしたが、今年は竹篭やフルーツ、木の実などラオスの国なら何処でも手に入るものを使っての人形作りを中心に行いました。そして、その人形を使った「創作劇」「本の紹介」「音楽に合わせた踊り」を課題としました。ラオス全国から43名の研修生が参加し、都本部から派遣された保育士や幼稚園教諭、児童館職員が中心となって講師となりました。

▲子どもと一緒に踊る池谷都本部委員長
▲経験や技術の交流

研修(セミナー)
 研修の成果を全体で評価し、お互いの技術向上にしました。また、最終日は研修会場である図書館のホールで子どもの家のこども達の前での発表も行いました。
 保育士や幼稚園教諭、図書館司書など、日頃の業務を通じての指導経験や技術は、こうした草の根的国際交流でも大活躍です。


地域交流
 首都ビエンチャンから50キロ離れたバンビエン地方の子ども文化センターや県立図書館への訪問を行い、ラオスのこども達との交流も重ねてきました。

※詳しい内容を知りたい方、興味のある方は、執行部・大宮(甲の原体育館 627-3300)まで



〈ビエンチャン市立図書館
 ラオスの首都ビエンチャン市立図書館は北海道・愛知・東京の自治労3県本部の共同事業によって06年12月に開館しました。ラオスのこども達に読書に親しんでもらうために、渋谷や荒川、調布や西東京市など都本部のいくつかの組合では、日本語の絵本にラオス語のシールを貼って、贈書を進めています。
(現地の図書館に寄贈された図書)


(機関紙「はちおうじ」477号/2008.9.11)
▲top (上のメニューに戻ります)