7 1 7 1 26


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 「書き損じハガキや余ったハガキ」を受け付けています (2014年2月)
【2013年】
● 八王子市のごみ収集車が海外で活躍 (2013年7月)
【2012年】
● 2012カンボジアスタディツアーに参加して (2012年9月)
【2010年】
● 2010ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して (2010年8月)
【2009年】
● ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して! (2009年9月)
【2008年】
● 都本部ラオス読書推進活動支援ツアー (2008年9月)
● 連合東京訪中団に藤岡委員長が参加 (2008年7月)
● 国際交流の目指すもの (2008年4月)
【2007年】
● 市民協働で、ガスパールカサド・国際チェロコンクールの継続を (2007年7月)
【2006年】
● ラオスビエンチャンに図書館を (2006年11月)
● フェアトレード 国際交流フェスティバルで即売コーナー (2006年8月)
● ラオス読書推進活動支援ツアー 青木書記長が参加 (2006年7月)
● フェアトレード協働の輪を広げよう (2006年3月)

都本部ラオス読書推進活動支援ツアー


《スタディツアーに参加して》 五十嵐 秀光

 都本部主催のカンボジア・ラオス子ども支援ツアーに参加してきました。
 私は前回の参加者から「非常に良かった。感動した。」とのことから、参加表明していたのですが、申し込みが近づくにつれ不安が大きくなってきました。初めての海外旅行でしかもカンボジア。病気や安全は大丈夫なのか、食べ物はどうか、ボランティアでワークショップなどの指導ができるのか、などさまざまなことが気持ちをナーバスにさせていきました。しかし、参加を表明した以上、後には引けず、粛々と準備をすすめていきました。
 事前研修では「常識が通用しない」国とのことが強調され、その他細かい点はあまり理解できないまま終了し、不安は解消されず出発し現地入りとなりました。
 現地では、不安よりもすべてに圧倒されました。食べ物、環境、人、インフラすべてです。街灯はなく街中はごみだらけ。食べ物は口に合わず、水も自由に飲めない。なぜここに来てしまったのかという思いでしたが、それを吹き飛ばしてくれたのは、子どもたちのきらきらした目でした。楽しいものに飢えているといったらいいのでしょうか。ワークショップでは幼稚園の教師に指導をしたのですが、その研修生たちの真剣なまなざしも、最近の日本では感じることができないものでしょう。いろいろなところで感動して涙があふれてしまいました。
 この経験は私にとって宝物になると同時になんて自分は幸せなのだ、恵まれているのだと感じました。また世界中でこのような国々があり、国内でも支援を必要としている人々がいるのではないか、さらには地球環境や平和、人権などの問題についてもどう考えるのかという思いが心によぎりました。組合員の皆さんにもぜひ参加を検討していただきたいと思います。きっといい経験になり、業務の幅も広がるのではないかと思います。

▲カンボジアの孤児院の子どもたちと交流
▲ラオス版児童館「子どもの家」




ラオスの村へ「冬物衣料」を送る取組み
セーター、フリースなど367点寄せられる
9月中旬に山岳地域の村に届けます

 今年6月に呼びかけさせていただいたラオスの山岳地域の村に冬物衣料を届ける取り組みに31人の組合員の方々から、367点のご協力をいただきました。八王子市職以外から三鷹や東久留米、荒川区などの有志により2000点を越える衣類が寄せられました。7月には箱詰め作業をし、8月に横浜港から船便で発送しラオスの首都ビエンチャンには9月3日に到着することができました。今月中旬に現地の山岳地域の村へ搬送する予定です。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。





(機関紙「はぴねす」126号/2009.9.25)
▲top (上のメニューに戻ります)