7 1 7 1 26


(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 「書き損じハガキや余ったハガキ」を受け付けています (2014年2月)
【2013年】
● 八王子市のごみ収集車が海外で活躍 (2013年7月)
【2012年】
● 2012カンボジアスタディツアーに参加して (2012年9月)
【2010年】
● 2010ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して (2010年8月)
【2009年】
● ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して! (2009年9月)
【2008年】
● 都本部ラオス読書推進活動支援ツアー (2008年9月)
● 連合東京訪中団に藤岡委員長が参加 (2008年7月)
● 国際交流の目指すもの (2008年4月)
【2007年】
● 市民協働で、ガスパールカサド・国際チェロコンクールの継続を (2007年7月)
【2006年】
● ラオスビエンチャンに図書館を (2006年11月)
● フェアトレード 国際交流フェスティバルで即売コーナー (2006年8月)
● ラオス読書推進活動支援ツアー 青木書記長が参加 (2006年7月)
● フェアトレード協働の輪を広げよう (2006年3月)

2010年 ラオス・カンボジア子ども支援ツアーに参加して


 7月17日〜25日、都本部ラオス・カンボジア、スタディーツアーに三宅さん(環境保全課)東さん(納税課)を派遣、現地の子ども達との交流、指導者育成セミナーに参加しました。



子どもたちの力 (環境部 環境保全課) 三宅 能彦

 子どもたちの不安そうな顔が、日本から来たおじさん、おばさんたちの唄や踊りを見るにつれ、徐々に笑顔に変わっていく。ラオス、カンボジア両国の子どもたちは、とても明るかった。社会的に貧富の差があることを肌で感じるが、子どもたちは明るく元気に生活している。(日本人も一昔前はそうだったかも)孤児院やスラム街の寺子屋などの訪問で、個人としての貢献度は不明だが、自分なりに一生懸命演じ、唄を歌い、思いっきり遊び、そして、みんなからパワーをもらった。それからもう一つ、子どもたちとの交流には、言葉は必要ない。英語すらろくに話すことはできないが、子どもたちとは身体で話ができ、何の不便も感じることはなかった。
 自治労東京が、7年前からこの取り組みを継続している中で、来年も参加したいというのが正直な思いだが、少しでも多くの組合員が、ラオス・カンボジアの子どもたちと直接触れ合い、肌でそのパワーを感じていただければと思う。
 最後に、参加させていただいたことに、関係者の方々、職場の同僚に感謝申しあげたい。

▲ゲームを楽しむ子ども達
▲暑い中でも元気な子ども達


ツアーに参加して感じたこと (税務部 納税課) 東  聖

 ラオスでは児童館のようなドンコイセンターというところで、子供たちと交流した。
 前年訪れていたということで、日本人が演じた出し物を披露していただいてとても感動しました。また自治労が設立した図書館で本の修復作業をおこなった。前年一緒に作業をしてくれた職員が死亡したと聞いて衝撃を覚えた。あたらしい優秀な職員の必要性を感じた。別の班は花壇の作成や図書室の飾りつけなどをおこなった。
 カンボジアでは、スラム街の寺子屋で子供たちと交流した。翌日以降は今回のツアーの主目的の幼稚園教諭や先の団体の指導者たちを支援するための研修会を開催した。
 現地の状況を把握し効果的な支援を行うには今回のような短期間で過密な日程では困難ではないか。ラオスとカンボジア別のチームに分けてもう少し深く現地と関わってはどうかと感じた。
 最後に全ての関係者と職場のみなさんに感謝して報告といたします。

▲現地の教師と記念撮影



ラカンボジア・ラオスをご存じですか?

 皆さんは2つの国について、どんなことをご存知ですか?世界遺産や戦争等のイメージですか?カンボジアのアンコールワットに訪れても首都のプノンペンは行かないのでは?
 ましてやラオスなど首都はどこで、位置すらわからないといった感じではないでしょうか。
 そんな方には、ぜひ訪れてみることをお勧めします。観光でのんびりラオス。世界遺産めぐりでカンボジア。
 しかし現地の子供たちやボランティアとの交流はそれ以上にすばらしい経験となります。来年度も募集予定ですので、ご応募お持ちしております。



(機関紙「はちおうじ」494号/2010.8.20)
▲top (上のメニューに戻ります)