(項目をクリックして下さい)
 懸案事項の一覧
【2015年】
● オンリーワンの行政サービスを提供できる組織・人員体制の構築 (2015年5月)
● 本庁協議会学習会 事例から考える「生活困窮者の支援」 (2015年1月)
【2014年】
● 2014各部会総会を開催 (2014年10月)
【2013年】
● 2013年度 組織改正協議の最終確認が終了 (2013年9月)
● 組織改正協議が大詰めに (2013年7月)
● 2013年度組織改正 職場協議を進め組織改正の実施を (2013年6月)
【2012年】
● 職場懸案協議 各部会の懸案確認協議を終了、予算要求・政策要求の推進を! (2012年9月)
● 各部会で協議を開始 職場課題の集約を (2012年5月)
【2011年】
● 各部会総会を開催 (2011年10月)
● 職場懸案確認協議 各職場課題の整理・抽出を確認 (2011年8月)
● 職場懸案確認協議の今後の取り組みと進め方 (2011年6月)
【2010年】
● 2010年の部会総会のまとめ (2010年10月)
【2009年】
● 09年度あり方検討会7月スタート (2009年6月)
● 各部会、各職場の懸案確認協議実施 (2009年6月)
【2008年】
● 各部会の懸案確認協議終了 (2008年7月)
● 5月 各職場 ─ 部会の懸案確認協議実施 (2008年5月)
【2007年】
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その3 (2007年11月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その2 (2007年8月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その1 (2007年7月)
【2006年】
● 職場の事業計画、政策課題など懸案を確認 (2006年6月)
● 例年実施の各職場懸案事項の確認協議を4月24日から開始します (2006年4月)
【2005年】
● すべての部会で、職場の懸案事項を確認 (2005年5月)

2010年の部会総会のまとめ


 組合の定期大会を向えるにあたり、各部会では一年間の総括と次年度に取り組む課題について方針を決定します。新年度5月に職場の懸案課題を労使で確認し、解決にむけた協議を進めてきたところ、充分な回答が得られなく引き続き継続協議とした職場などもあります。
 特に本庁を中心とする部会では増え続ける業務量に対して、執行体制に余裕が無い状態が見受けられます。
 予算要求の時期ですが、各職場の諸要求を取りまとめ早急に当局側に提出していきます。
 各部会の新役員へ体制も変更されたと思いますが、懸案課題も引き継ぎをお願いします。

   9/24 清掃部会
 容器リサイクル法に基づくプラスチックの資源化に向けた取り組みや、館清掃工場の閉鎖など10年10月からスタートする体制について確認されました。
 また、あり方検討会など政策協議を積極的に進めるとともに、これまでの経験と知識を有効活用した指導啓発を進め、地球環境保護に向けた資源循環型社会の実現を目指す取り組みを全体で確認しました。




   10/5 財務・会計部会
 財政状況が伸び悩むなか、業務の見直しや時間外対策が求められてきました。
 特に管財課では庁舎改修に伴う時間外増や、守衛と車両管理事務所の執務場所の一体化に向けた協議など引き続きの課題として確認しました。
 最後に財政課渡邊さんを新部長とする役員体制を全体の拍手で承認されました。




   10/7 保育園部会
 子育てをめぐる環境が大きく変わり、基幹型保育園の果たす役割が益々幅広くなってきている一方で、国の義務付け、枠付けの見直し議論における自治労の進めるナショナルミニマムの確保に向けた取り組みが重要であることを全体で確認されました。
 待機児解消や「子ども・子育て新システム」の課題を、引き続き部会全体の議論で取り組むこととしました。


(機関紙「はちおうじ」495号/2010.10.18)
▲top (上のメニューに戻ります)