(項目をクリックして下さい)
 懸案事項の一覧
【2015年】
● オンリーワンの行政サービスを提供できる組織・人員体制の構築 (2015年5月)
● 本庁協議会学習会 事例から考える「生活困窮者の支援」 (2015年1月)
【2014年】
● 2014各部会総会を開催 (2014年10月)
【2013年】
● 2013年度 組織改正協議の最終確認が終了 (2013年9月)
● 組織改正協議が大詰めに (2013年7月)
● 2013年度組織改正 職場協議を進め組織改正の実施を (2013年6月)
【2012年】
● 職場懸案協議 各部会の懸案確認協議を終了、予算要求・政策要求の推進を! (2012年9月)
● 各部会で協議を開始 職場課題の集約を (2012年5月)
【2011年】
● 各部会総会を開催 (2011年10月)
● 職場懸案確認協議 各職場課題の整理・抽出を確認 (2011年8月)
● 職場懸案確認協議の今後の取り組みと進め方 (2011年6月)
【2010年】
● 2010年の部会総会のまとめ (2010年10月)
【2009年】
● 09年度あり方検討会7月スタート (2009年6月)
● 各部会、各職場の懸案確認協議実施 (2009年6月)
【2008年】
● 各部会の懸案確認協議終了 (2008年7月)
● 5月 各職場 ─ 部会の懸案確認協議実施 (2008年5月)
【2007年】
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その3 (2007年11月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その2 (2007年8月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その1 (2007年7月)
【2006年】
● 職場の事業計画、政策課題など懸案を確認 (2006年6月)
● 例年実施の各職場懸案事項の確認協議を4月24日から開始します (2006年4月)
【2005年】
● すべての部会で、職場の懸案事項を確認 (2005年5月)

職場懸案確認協議の今後の取り組みと進め方


 職場懸案協議については、毎年管理職の新体制や職場の役員の異動などに伴い5月から6月にかけて実施しています。職場の課題について労使で確認し、職場改善につなげるために進めてきましたが、昨年の懸案協議では実効性のあるものにとスタイルを変更して取組ましたが、執行部が職場に入りきれなかったこともあり、職場での集約が不十分でした。
 2011年度の職場懸案協議では原点に戻り、職場状況把握を優先し、課題の整理・抽出に重点をおくこととしました。

   課題の整理・抽出を重点
 2011年度は直前に発生した震災の影響もあり、各職場が非常事態での体制が余儀なくされているところです。3月の年度末に確認した職場の人員体制は履行されたものの、新年度の事業は震災の影響を受け大幅に変更された職場も少なくないと思われます。また、本庁舎での夜間延長窓口の中止や節電などによる時間外の制限など、日常業務を進めるのも困難な職場も出ているところです。また、4月の統一自治体選挙や震災関連の応援・支援対応などで職場内は益々混乱の状況でした。

▲水環境部総会(2010.10.1)


   来年度の予算編成に向けた足がかりに
 こうしたなか、労使懸案確認を実施するにも労力が必要ですので、確実に成果を出すために職場状況の把握を進めることが重要だと考えています。震災の対応で職場ではどの程度事業が滞っているのか。予算の配分は予定通りで大丈夫なのかなど6月の段階で少し落ち着きを取り戻しているなか、職場点検を進めていくこととします。
 その結果を持って労使懸案協議に臨み今後の進め方や来年度の予算編成に向けた足がかりとしたいと考えています。
 したがって、形式は以前の各部会・各職場での懸案確認協議になりますが、実施時期については7月頃を目指して進めていきます。
 職場の皆さんには、部会による職場課題の把握にご協力をお願いします。


  5・30地方分権・財政確立労使協議会を開催
ゆめおりプランの総括、次期基本構想に向け、さらに労使協議強化を

 一方、執行部では労使の政策協議を取り組んできました。5月30日には「地方分権・財政確立労使協議会」を開催しこれまでの政策課題や今後の労使協議について確認しました。冒頭、青木委員長から10年前に議論されたゆめおりプランについて「市民委員の皆さんにご議論いただいた基本構想に基づいて、地方分権を推進する取組を進めてきたがどう総括されるのか。そして、次の基本構想に向けどのように発展させていくのかが課題」「職場のサービスも充実し、嘱託職員や臨時職員との役割分担が確立されてきたが、限界もある。次世代の育成や幅広い行政経験者の育成も必要」と提起しました。これに対して総合政策部長や行政経営部長からは「ゆめおりプランに実施にあたっては順調に進められてきたと考えている」「職員にも大変な努力をお願いしてきた」「次期基本構想にはこれまでの取り組みの検証を行ったうえで作り込みを進めていくこととなる」と発言がありました。
 また、田中副市長からは総括的に発言がされました。
(詳細については後日報告予定)

▲健康福祉部あり方検討会(2010.5.26)

 

(機関紙「はちおうじ」502号/2011.6.1)
▲top (上のメニューに戻ります)