(項目をクリックして下さい)
 懸案事項の一覧
【2015年】
● オンリーワンの行政サービスを提供できる組織・人員体制の構築 (2015年5月)
● 本庁協議会学習会 事例から考える「生活困窮者の支援」 (2015年1月)
【2014年】
● 2014各部会総会を開催 (2014年10月)
【2013年】
● 2013年度 組織改正協議の最終確認が終了 (2013年9月)
● 組織改正協議が大詰めに (2013年7月)
● 2013年度組織改正 職場協議を進め組織改正の実施を (2013年6月)
【2012年】
● 職場懸案協議 各部会の懸案確認協議を終了、予算要求・政策要求の推進を! (2012年9月)
● 各部会で協議を開始 職場課題の集約を (2012年5月)
【2011年】
● 各部会総会を開催 (2011年10月)
● 職場懸案確認協議 各職場課題の整理・抽出を確認 (2011年8月)
● 職場懸案確認協議の今後の取り組みと進め方 (2011年6月)
【2010年】
● 2010年の部会総会のまとめ (2010年10月)
【2009年】
● 09年度あり方検討会7月スタート (2009年6月)
● 各部会、各職場の懸案確認協議実施 (2009年6月)
【2008年】
● 各部会の懸案確認協議終了 (2008年7月)
● 5月 各職場 ─ 部会の懸案確認協議実施 (2008年5月)
【2007年】
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その3 (2007年11月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その2 (2007年8月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その1 (2007年7月)
【2006年】
● 職場の事業計画、政策課題など懸案を確認 (2006年6月)
● 例年実施の各職場懸案事項の確認協議を4月24日から開始します (2006年4月)
【2005年】
● すべての部会で、職場の懸案事項を確認 (2005年5月)

2014各部会総会を開催

   学校事務部会総会
 学校事務職場は現在、市内の小中学校にそれぞれ1名ずつ配置がなされ総勢105名です。
 内訳は、拠点校配置正規職員10名、再任用職員11名、任期付短時間職員45名、特例臨時職員39名で構成されています。これに都費事務職員と教育総務課支援担当4名が加わり、八王子市の小中学校の事務室を担っています。
 総会では、これまでの経緯とこれからも、学校の他部会や教育委員会部会とも連携して、子どもたちにとって安心安全な学校づくり、地域との連携など、正規学校事務職員としての役割や重要性などを確認しました。



   財務・会計部会総会
 9月24日(水)本庁舎食堂において財務・会計部会総会が開催されました。総会では経過報告、会計報告に続き、2015年度、部会活動方針及び予算案などが提起されました。
 方針案は次の通りです。
 (1)働きやすい職場環境づくり、職場要求の実現に向け取り組みます。(2)職場課題の解決に向け、労使協議を行っていきます。(3)部会員相互の親睦と交流を深めます。
 最後に財政課・岩崎さんを新部長とする役員体制を全体の拍手で承認されました。



   環境部会総会
 2015年4月から中核市に移行することに伴い、新たな業務となる「産業廃棄物に関する事務」を新設した廃棄物対策課が担うこと、また大気汚染防止に関する業務などに対応するため、環境保全課の1名増員が確認されました。さらに、館清掃工場の解体及び新規施設建設準備に対応するため、ごみ減量対策課の1名増員が確認されました。
 最後にごみ減量対策課・西舘さんを新部長とする役員体制が全体の拍手で承認されました。

 

   清掃部会総会
 一部可燃ごみ収集が進むなか、新たな業務として委託業者指導や資源物収集委託業者指導担当の配置などが確認されました。
 これからもあり方検討会など政策協議を積極的に進めるとともに、これまでの技術や経験を継承し、部会員全員で問題を解決して現場職員が地域のなかで公共サービスを考え、地域と共に創る「共助」の街づくりを進め、市の職員でなければできない指導・啓発・職域とその専門性を活かし、現場職員の必要性をアピールしていくことが全体で確認されました。


(機関紙「はちおうじ」533号/2014.10.30)
▲top (上のメニューに戻ります)