(項目をクリックして下さい)
 懸案事項の一覧
【2015年】
● オンリーワンの行政サービスを提供できる組織・人員体制の構築 (2015年5月)
● 本庁協議会学習会 事例から考える「生活困窮者の支援」 (2015年1月)
【2014年】
● 2014各部会総会を開催 (2014年10月)
【2013年】
● 2013年度 組織改正協議の最終確認が終了 (2013年9月)
● 組織改正協議が大詰めに (2013年7月)
● 2013年度組織改正 職場協議を進め組織改正の実施を (2013年6月)
【2012年】
● 職場懸案協議 各部会の懸案確認協議を終了、予算要求・政策要求の推進を! (2012年9月)
● 各部会で協議を開始 職場課題の集約を (2012年5月)
【2011年】
● 各部会総会を開催 (2011年10月)
● 職場懸案確認協議 各職場課題の整理・抽出を確認 (2011年8月)
● 職場懸案確認協議の今後の取り組みと進め方 (2011年6月)
【2010年】
● 2010年の部会総会のまとめ (2010年10月)
【2009年】
● 09年度あり方検討会7月スタート (2009年6月)
● 各部会、各職場の懸案確認協議実施 (2009年6月)
【2008年】
● 各部会の懸案確認協議終了 (2008年7月)
● 5月 各職場 ─ 部会の懸案確認協議実施 (2008年5月)
【2007年】
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その3 (2007年11月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その2 (2007年8月)
● 各部会懸案確認─協議内容の概要 その1 (2007年7月)
【2006年】
● 職場の事業計画、政策課題など懸案を確認 (2006年6月)
● 例年実施の各職場懸案事項の確認協議を4月24日から開始します (2006年4月)
【2005年】
● すべての部会で、職場の懸案事項を確認 (2005年5月)

 10月30日の第一回市職拡大闘争委員会で、新執行部の各部会・協議会担当が決まりました。(左下一覧参照)今後、担当書記など配置し、日常的な部会・協議会活動の体制を整えます。
 なお、早急に各部会役員会を開催し、予算要求、職場諸課題、人員体制の点検等実施します。

 

各部会は、「本庁」「環境」「学校」「保育・児学」の四協議会に分かれていますが、日常的な活動は部会単位を原則とします。

 
部会内担当の設置を
 各部会の役員体制は従来どおりですが、福利厚生担当、青年部担当、動員連絡担当など確認してください。
 とくに福利厚生担当は、事業本部の諸活動や互助会事業の検証等執行部と部会のパイプ役となります。したがって、各部会の福利厚生担当者全体会議を開催することになりますのでご協力をお願いします。


職免による活動保障
 各部会の拡大闘争委員、職場委員の会議の出席は、原則として(=業務に支障がないようにして)職免とする確認をしています。
 また組織体制や労使協議事項に関する事前打ち合わせ、交渉そのものへの出席も同様の扱いとなります。なお、出先職場や管理職が不在の職場の取り扱いについて、再確認が必要な場合は担当執行委員と調整してください。


職場要求について
 当面の職場要求(=予算要求)は、組織変更後の新たな業務体制に関して、確認書どおりの実態にあるかどうか検証し、問題点を拾い上げるようにして下さい。欠員問題については、10月23日の交渉で「採用試験の早期実施について検討する」との確認をしましたが、各職場の点検もお願いします。

 

(機関紙「はちおうじ」 416号/2003.10.31)